ギターは独学でもできるの?どのくらいかかり何から学ぶといいの?おすすめの練習法は?

アコースティックギターを通信講座で学ぶ アコースティックギター 通信講座
本ページはプロモーションが含まれています。

若いときにアコースティックギターに憧れ、練習したけれどコードで挫折したり、指が痛くなる、練習が中々できなく途中で止めてしまったということはありませんか。

でも、ギターが弾けるなんてカッコいいから、弾けるようになりたいと思いますよね。

ギターが上達するには、ギター教室に通って習うとよいことは分かっていても、通える範囲に教室がなかったり、あまり予算が取れないという事情もあるのではないでしょうか。

そう思っている人は、ギターは独学でもできます。

この記事では、ギターは独学でできること、どのくらいかかり何から学ぶといいのか、また、おすすすめの練習方法を紹介します。

この記事を参考にして、挫折せずにギター学習を進めていきましょう。

ギターは独学で弾けるようになるの?

ギターは独学でも弾けるようになります!

ギターは誰でも簡単に始められる楽器ですが、独学で弾けるようになるのか不安に思う人も多いのではないでしょうか。

結論から言うと、ギターは独学でも十分に弾けるようになることができます。

プロのギタリストの中には、音楽学校にも行かず独学で努力して弾けるようになった方もいると聞きます。

こういう方はきっと相当な努力をしたに違いありません。

そもそも独学とはどんなことをいうのでしょうか。

“独学”とは、“学校に行かない”“先生に付かない”でギターを演奏することを学ぶことで、典型的な独学は、市販のギター教本などを利用して1人で学ぶことです。

誰も教えてくれないので、人一倍苦労しなければなりません。

でも、プロのギタリストを目指すのではなく、趣味として行う場合は学ぶ過程を楽しみながら独学でやってみるのも方法の一つです。

最近はギター教室に通わなくても、十分にギターを弾くことが身に付けることができる教本もたくさん市販されていますので、それらを使って学ぶ方法もあります。

また、通信講座のように分かりやすい動画の教材を見ながら学ぶ方もあります。

もちろん、ある程度の練習や努力は必要ですが、コツさえ掴めば、初心者でも数ヶ月で簡単な曲を弾けるようになります。

独学でギターを弾けるようになるメリットは、大きく分けて以下の2つです。

・自分のペースで学べる

独学なら、自分のペースで好きなように学ぶことができます。
好きな曲を弾きたいと思ったら、その曲のコードやフレーズを調べて練習すればいいのです。

・費用を抑えられる

教室に通うと、月謝や教材代など、それなりの費用がかかりますが、独学なら、ギター本や動画などの教材を自分で用意すれば、費用を抑えることができます。

ギターを独学で弾けるようになるにはどのくらいかかるの?

ギターを始めたばかりの初心者が基本的なコードを使って、弾けるようになるには一般的に3~5ケ月と言われています。

もちろん、練習時間に比例しますので、週に平均5回、1回あたりの練習時間は30分程度やったときの目安です。

基本的なコードで音が出せるようになったら、複数のコードを使って曲を弾くためには、コードチェンジがスムーズにできるようにならなければなりません。

曲のテンポに合わせることも必要になってくるので、さらに2ケ月くらいは必要です。

ギターの独学は何からやるといい?

ギターをギターを弾けるようになるためには、初心者の内は何からやるといいのか分からなくなりますが、以下の方法がおすすめです。

・基礎をしっかりと身につける

ギターの基礎をしっかりと身につけることが、上達の近道です。

基礎には、チューニングやコード、スケールなどがあります。

・好きな曲を弾いてみる

好きな曲を弾いてみることで、モチベーションを維持することができます。

また、好きな曲を弾くには、基礎を身につけることが大切です。

・定期的に練習する

ギターは、毎日少しずつ練習するのが効果的です。

毎日30分程度でもいいので、継続的に練習しましょう。

ギターを独学で学ぶ方法にはどんなものがあるの?

ギターを独学で学ぶ方法には、次のようなものがあります。

ギターの弾き方の教本で学ぶ

ギターの弾き方を解説した教本は、たくさん販売されています。

自分が知りたいところはどこか、どんな曲を弾きたいのかなどを絞って選ぶといい本に出合えると思います。

ネット上のギターの弾き方に関する情報を利用する

ギターの弾き方に関する方法は、ネット上にたくさんあります。

どうしても雑多な情報になりますが、知りたい情報だけを取捨選択していけば、良い情報が得られます。

ギターの弾き方を解説した通信講座で学ぶ

通信講座でギターの弾き方を学ぶことも、独学の有力な方法です。

講座に申し込むと教本が送られてきますので教本に沿って、自分のペースで学んでいきます。

通信教育と銘打ったコースなら、講師とのメールでの質疑応答や直接講師に会って指導が受けられるスクリーニングなどがあるものもあります。

ギターを独学で学び挫折しないためには教本選びが大切

ギターの弾き方を独学で学ぶことの最大のメリットは、あまりお金がかからないで済むということです。

でも、お金がかからない分挫折もしやすいということができます。
また、分からないところがあっても誰かに直接聞くことができないので、問題をうまく解決できにくいというデメリットもあります。

独学で学ぶときは、いくらやっても上達できない、どこに問題があるのかが自分でも分からないという壁にぶつかる場合がきっとあります。

こんな壁にぶつかってしまうと、相談する相手がいないので挫折のきっかけになってしまいます。

ギターの弾き方を独学で学ぶときに挫折しないようにするには、質の高い教材で学ぶことだと思います。

良い教材に出会うと、それに沿って学んでいくうちに、そうだったのかと分かってくることがきっとあります。

上達できない壁にぶつかったときに、何が問題になっているのかを気づかせてくれるような教材、教本で学んでいけば独学であっても、挫折しにくくなるものです。

【ギターの弾き方を独学で学ぶときの教材選びのポイント】

  • テキストだけでなく映像との両方で学べる
  • 実力のあるプロの画家が解説している
  • 口コミの評価が高い
  • 基礎から始め、ある程度の応用まで学べる

ギターを独学で学ぶときの練習方法は、この通信講座がおすすめ!

ギター講座

前節で挙げたような条件を満たすようなギターの教本を探すのは簡単ではないですが、徹底的に調べてみたところ見つかったのが次の通信講座です。

私がおすすめするのは、
「30日でマスターするギター講座」
という通信講座です。

プロのギタリストとして第一線で活躍している古川忠義先生が、初心者にも分かるように丁寧に教本とDVDによる動画で解説しています。

楽譜が読めなくても短期間でギターが弾けるように、古川先生の楽譜にはどの指でどこを押さえたらいいのかを書いてありますので、分かりやすい楽譜になっています。

また、DVDを使って曲の練習をするときは、画面にもコードと押さえる指がでてくるので画面を見て聞きながら演奏できます。

こんな工夫があるので、初心者で全く楽譜を読めなくても、すぐギターが弾けるようになっています。

なので、この通信講座を利用すれば練習方法が詳しく解説されているので、独学で楽しく上達していくことができます。

この教本とDVDはテレビや新聞などでも紹介されていて、口コミでも人気のギター講座なので安心してご利用できます。

この講座の口コミを知りたいという方は、こちらの記事も参考になります。↓
「30日でマスターするギター講座」の口コミ・評判

ギターを独学で学びたいという方には、とてもおすすめの通信講座だと思います。

▼私がおすすめするアコースティックギター通信講座👇

ギターは独学でもできるの?どのくらいかかり何から学ぶといいの?おすすめの練習法は?まとめ

ギターは、独学でも十分に弾けるようになる楽器であること、できるようになるにはどのくらいかかり、何から学ぶといのかをまとめました。

また、独学にはどんな方法があり、どの方法が分かりやすい練習方法なのかを解説しました。

大事なことは、

「ギターを独学で学び挫折しないためには教本選びが大切」

ということです。

教材選びのポイントは、次の4つです。

  • テキストだけでなく映像との両方で学べる
  • 実力のあるプロの画家が解説している
  • 口コミの評価が高い
  • 基礎から始め、ある程度の応用まで学べる

これらのポイントを満たしていて、私がおすすめするのは、

「30日でマスターするギター講座」

という通信講座です。

プロのギタリストとして第一線で活躍している古川忠義先生が、初心者にも分かるように丁寧に教本とDVDによる動画で解説しています。

この動画教材を使って練習を続けることで、楽しく学べあこがれのギターが自分で弾けるようになります。

是非、詳しい情報をチェックしてみてください。

▼私がおすすめするアコースティックギター通信講座👇

コメント

タイトルとURLをコピーしました